ピックアップ!

  • 大学中退による後悔と不安で押しつぶされそうな方にこそ読んで欲しい「後悔しないための考え方」を紹介します。

  • 大学中退したことで人生の挫折を感じたとしても、人生が終わるわけではありません!人生はまだまだこれからです。

後悔しないための考え方

大学を中退した原因は「考え方が間違っていたから」かもしれません。そのため大学進学時のいくつかの選択を間違ってしまった可能性があります。自分らしく後悔しない選択をすることは、考え方を変えることで容易に出来ます。ぜひこの時期だからこそ後悔しない生き方を選んでほしいと思います。

自分らしさを大切にする

大学を中退した理由は何でしょうか。大学生活が楽しくなかった、勉強に興味が持てなかったなど人それぞれだと思います。しかしその根本的な原因に「大学進学時の自分の選択には自分らしさが欠けていた」ということはなかったでしょうか。親の期待や周囲の期待、社会的な雰囲気などを敏感に感じて自分らしさを大切にするよりも「周囲が望む人物像」に自分を当てはめていなかったでしょうか。
周囲と調和をすることはとても素敵なことですが、それで自分らしさを消してしまっては本末転倒です。「自分らしく生きるために、周囲と折り合いをつける」ということがコミュニケーションの基本であり目的のはずだからです。大学中退という結果が出たことは悪いことばかりではありません。自分らしさがない人生と決別するためのいい機会になるかもしれません。

何をしたいのかをハッキリさせる

あなたが生きていく上で親や親戚、周囲の期待に応えようと思う必要はありません。「自分がしたいことをした結果」で親や親戚、周囲の人々を喜ばせるようにしましょう。そのためにもまずは自分が何をしたいのかをはっきりさせることが大切です。漠然とした思いでもいいので、自分の心の中にある「本当の希望」を自分の胸に聞いてみましょう。もしもその希望が周囲の期待と異なるものだとしたら、それはあなたが本当にしたいことかもしれません。
したいことがみつかったらその想いを具体的な行動に移しましょう。まずは小さなことでもいいので始めてみます。例えば漠然と興味がある業界や職種が見つかったら、その業界や職種に近い場所でアルバイトをしてみるのもいいでしょう。またはその業界や職種を扱った本や映画をたくさんみるというのもおすすめです。漠然としたやりたいことを元に細かくて具体的なやりたいことをリストアップすると行動に移しやすくなるでしょう。

大きな目標を立てる

自分が本当にしたいことをリストアップしていくうちに大きな目標がみつかるかもしれません。また漠然としたやりたいことの近くで行動を起こしているうちに具体的で大きな願望が湧き上がってくるかもしれません。その段階になったら「大きな目標」を立ててノートなどに書き出してみましょう。そして「その目標を達成する期日」もはっきりさせてノートに明記します。そのノートを見て気持ちがわくわくしたら、それはあなたが本当に達成したいと願う「あなたらしい目標」なのだと思います。次にその目標を達成するためにクリアしなくてはいけないことを書き出してみましょう。それは小さな目標になりますので、同じようにそれを達成する期日を区切りましょう。こうして目標は「現実的に達成可能な計画」になります。あとはやるだけですよ。

後悔しないための考え方

ご両親にも読んで欲しいページ