ピックアップ!

  • 大学中退による後悔と不安で押しつぶされそうな方にこそ読んで欲しい「後悔しないための考え方」を紹介します。

  • 大学中退したことで人生の挫折を感じたとしても、人生が終わるわけではありません!人生はまだまだこれからです。

理由はさまざま

2014年に文部科学省が行った調査により大学中退者の実態が初めて明らかになりました。そしてその結果は驚きを持って受け止められました。中退者の人数が想定していたよりもかなり多かったこと、そして中退の理由が想定していた経済的な理由だけでなく多岐にわたっていたからです。

大学中退者8万人の衝撃

2014年に文部科学省が1163校の大学・短大・高専に対して行った「中退者の実態調査」の結果は、大学関係者に大きなインパクトを残しました。2012年度の中退者についての調査の結果、全生徒の2.65%にあたる約8万人の学生が中退をしているというものでした。それまではこのような一斉調査が行われたことがなく、中退者の実態は公にされていませんでした。各大学がそれぞれ実態を把握していただけで、世の中全体が大学生の中退実績を知ることは「これが初めて」のことだったのです。
そもそも大学に進学する生徒はそれほど多くなかったということが、このような調査を怠ってきた原因だと考えられています。しかしこの調査結果により、大学内で学生たちの間に何かしらの深刻な問題が起きていることが白日の下にさらされました。そしてすでに大学中退という現象が珍しいことではなく比較的頻繁に起きている日常的な出来事だということがはっきりしたのでした。

経済的な理由だけじゃない

この調査を文部科学省が行った理由は「経済的な理由」を想定したからでした。当時は金融市場の崩壊といわれたアメリカで起きたサブプライムローン問題から端を発した「リーマンショック」の影響が日本にも及んだ頃のことです。企業の倒産が相次ぎ株価が大幅に値を下げるなど、学生の親たちの雇用と資産の目減りが危ぶまれる状態になりました。その結果として学生の経済状況が悪化し、大学中退という行動につながっているのではないかという予想のもとに行われた調査だったのです。そして調査の結果、大学中退者が大学を退学するに至った「本当の理由」がわかりました。
文部科学省が予想した経済的な理由による中退はすべての中退者の20%にとどまりました。そして驚くことに「学業不振による中退」が14.5%、「学校生活不適応による中退」が4.4%という想定していなかった調査結果も発表されました。「大学不適応」が原因とみられる中退者が合計19%と、経済的な理由の退学者と同程度いることがわかったのです。
学業不振が原因で大学を辞めてしまった生徒は、とりあえず大学には進学してみたものの、大学の授業の進め方、そして難易度の高さに適応できなかった学生たちだと考えられます。そして学生生活不適応が理由で大学を辞めた生徒は、いわゆるキャンパスライフに馴染むことができなかった心理的な理由によるリタイアだと考えられます。調査の結果、大学中退者が思いのほか多いことと、その理由は人それぞれであることがハッキリしたのです。

理由はさまざま

ご両親にも読んで欲しいページ