ピックアップ!

  • 大学中退による後悔と不安で押しつぶされそうな方にこそ読んで欲しい「後悔しないための考え方」を紹介します。

  • 大学中退したことで人生の挫折を感じたとしても、人生が終わるわけではありません!人生はまだまだこれからです。

求人数が多い「営業職」

大学中退から就職を目指す時にもっとも可能性がある職種が「営業職」になります。求人数が圧倒的に多いのがその理由です。今回は営業職の具体的な仕事内容と必要な資質などについて紹介します。

営業職の仕事とは何か

大学を中退した人が就職先に選ぶ職種としてもっともポピュラーなのが「営業職」の仕事です。営業職はどの業界であっても必要な職種ですので求人数が他の職種に比べても圧倒的に多いというのが大きな原因です。それでは営業職と一言にいってもどのような仕事があるのかわからない人も多いと思います。まず営業職は営業先によって大きく二つに分けることができます。
ひとつめが「法人営業」と呼ばれる仕事です。企業で扱う商品を企業に向けて販売するのが法人営業の仕事です。企業への販売ですので、ひとりの営業担当者が取り扱う数が膨大になり、金額も莫大なものになります。ただし法人営業の場合は飛び込みで売り上げをあげるのが難しいのでルート営業と言う方法を取るところが多いです。事前にお得意様などがルート上にピップアップされていますのでそこを重点的に訪ねるという方法になります。法人営業は企業の売り上げに対する影響も大きいので責任が重大な仕事だといえます。
ふたつめが「個別営業」と呼ばれる仕事です。個別営業は、個人の家を訪ね歩き販売を促すのが仕事の基本になります。一人一人にノルマがあり、重圧をかけられる職場も多いので忍耐力が必要になるかもしれません。ただ成果をあげられるとその見返りも多く、報酬をたくさん受け取れるいうメリットもあります。若くして頭角を現す営業マンもいます。

営業職に向いている人は

営業職をするために必要な資質は「体力がある」こと「忍耐力がある」こと、そして「コミュニケーション能力がある」ことが大切です。人とたくさん触れ合う必要がある仕事ですので性格的な向き不向きがあるのも事実です。逆に言えば特別な資格やスキルなどが必要ないため営業の初心者でもいきなり結果を出せる可能性があるということです。またその結果を長続きさせるためには人間関係を長い間持続させる忍耐力や高い人間性が必要になります。あるスキルによる一点突破が難しく、総合的な「人間力」のようなものが試される職種だといえるでしょう。
もし営業職をしてみて向いていないと分かった場合は他の職種に移ることになると思います。しかし営業職を通じて磨いた人間力は他の職種をする時にも必ず役に立つはずです。決して経験が無駄にならないのが営業職の魅力だといえるでしょう。また特別な資格は必要ないと言いましたが、普通自動車免許は営業先回りに必要になりますので事前に取得しておきましょう。

求人数が多い「営業職」

ご両親にも読んで欲しいページ